連載
» 2022年07月08日 10時00分 公開

“クソリプ”警告でTwitterが平和に――データサイエンティストがレポートを発表Social Media Today

Twitterが、攻撃的な返信警告の有効性に関する新しい調査結果を発表した。

[Andrew Hutchinson,Social Media Today]
Social Media Today

 Twitterのデータサイエンティスト、キャシー・ヤン氏とローレン・フラタミコ氏は、攻撃的な内容を含む可能性のある返信に対するプロンプト(注意喚起)の効果について、新たな調査レポートを共有した(関連リンク/英語)。同社は2020年、Twitterユーザーが有害もしくは相手を傷つける恐れのある返信を作成した際に摩擦を回避するための配慮として、送信ボタンを押す前に再考を促す警告文を表示させるプロセスを初めてテストした。この機能は2021年に再展開している(編注:本稿公開時点で日本語版は未実装)。

攻撃的な内容を含む恐れのある返信に対するプロンプトが地味に効く

© Industry Dive. All rights reserved.