連載
» 2022年06月15日 11時00分 公開

イーロン・マスク氏のTwitter買収は広告にとって「吉」か「大凶」かMarketing Dive

TeslaのCEOは「言論の自由」を守ることを使命とし、有害だと不評を買っているTwitterのコンテンツモデレーションポリシーを緩和すると述べている。

[Peter Adams,Marketing Dive]
Marketing Dive

 イーロン・マスク氏は冗談好きだが、Twitterを揺るがすことについては間違いなく真剣だ。既存株主による「ポイズンピル」防衛策の採用を含む劇的な展開が数週間続き、当然多くのツイートもあったが、結局経営陣はマスク氏がTwitterを約440億ドルで買収することに合意した。これは、テクノロジーの歴史上最大規模かつ異例な取引の一つとなる。Twitterは扇情的な性格で知られる人物が監督する環境でブランドを快適に運営できるかどうか試されることになる。

過激で危険なコンテンツに自社の広告が掲載されることになったら……

© Industry Dive. All rights reserved.