調査リポート
» 2022年06月14日 17時00分 公開

在宅ワークの普及はEコマースにどう影響しているのか?――Criteo調査今日のリサーチ

働き方の選択肢の一つとして定着しつつある在宅ワーク。家にいる時間が長くなったことで消費行動にも変化があるのでしょうか。

[ITmedia マーケティング]

 Criteoは日本および8つの諸外国(オーストラリア、英国、ドイツ、米国、韓国、スペイン、イタリア、フランス)の男女(18〜64歳)を対象に「在宅ワークのコマースへの影響」に関する調査を実施しました。在宅ワークからオフィスへの回帰が進む中で、在宅ワークを続けている人の割合や、在宅ワーカーと非在宅ワーカーの生活スタイルの違い、消費傾向について聞いています。

在宅ワーカーは「BOPIS」を好む

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.