調査リポート
» 2022年04月18日 19時00分 公開

データリテラシーに自信のある従業員、日本ではわずか5%――Qlik調査今日のリサーチ

データリテラシーの重要性は経営層も従業員も認識していますが、依然として能力が理想に追い付いていないのが現実です。

[ITmedia マーケティング]

 Qlik Technologies(以下、Qlik)は調査会社のFuture Labsと共同で、データリテラシーのスキルに関する調査を実施しました。調査対象となったのは世界中の経営層1200人以上と従業員6000人以上(日本の200人以上の経営層と1000人以上の従業員を含む)です。

 Qlikはデータリテラシーを個人のレベルと企業のレベルに分け、前者を「データを読み込み、取り扱い、分析し、疑問を持つことができる能力」、後者を「データを読み取り、分析し、疑問を持ち、意思決定し、組織内に伝える能力」と定義しています。

 調査結果をまとめたレポート「データリテラシー調査: 『スキルアップの革新』」によると、国内企業のマーケティング部門の従業員の70%、グローバルでは67%が、現在の仕事を遂行する上でデータリテラシーが必要だと回答しました。

自分の業務にデータリテラシーが必要と考えるマーケターは67%

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.