調査リポート
» 2022年04月05日 08時00分 公開

ソーシャル広告に対する消費者の意識 不適切な広告の配置は商品の購入意向にマイナスの影響――IAS調査今日のリサーチ

ソーシャルメディア上のコンテンツの文脈に沿ったインフィード広告に対して消費者の意識がどのように変化し、それがブランド・広告主企業に対する見方や購買意欲にどう影響を与えているのでしょうか。

[ITmedia マーケティング]

 Integral Ad Science(IAS)は2022年2月、日本のソーシャルメディアユーザー500人以上を対象に、ソーシャルメディアの利用状況とソーシャルメディア環境で配信されるインフィード広告に対する意識を把握するためのオンライン調査を実施。その結果を公表しました。

 このレポートによると、日本のオンライン消費者のほぼ10人に9人(88%)が過去1年間にソーシャルメディア上の広告に接触したことがあることが分かりました。最もエンゲージメント率が高かったプラットフォームはYouTubeで、LINE、Twitter、Instagramが続きました。

不適切なコンテンツの隣にある広告が購買に与える影響とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.