調査リポート
» 2022年03月30日 14時00分 公開

UX統合を妨げているのは「サイロ化」 9割の日本企業が課題に――MuleSoft調査今日のリサーチ

Salesforce傘下のMuleSoftが「2022年版 接続性ベンチマークレポート」を発表しました。

[ITmedia マーケティング]

 SalesforceのビジネスユニットであるMuleSoftは、DX(デジタルトランスフォーメーション)が企業に生み出している価値やDXの目標を達成するためにITリーダーが採用する戦略について調査した結果をまとめた「2022年版 接続性ベンチマークレポート」を発表しました。

 調査は日本を含む9の国・地域で実施。従業員1000人以上の組織に勤務するITリーダー1050人を対象にしています。日本の調査対象企業では、企業と顧客のやりとりの4分の3はデジタルで実施されています。DXやUX(ユーザーエクスペリエンス)を強化する取り組みの中核はアプリケーションです。日本企業では平均1059個のアプリケーションが使用されているものの、統合されているのは平均でわずか28%にとどまりました。日本における主な傾向は以下の通りです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.