調査リポート
» 2022年03月24日 12時00分 公開

商品・サービス作りへの関与に7割の人が「価値を感じる」――NTTデータ経営研究所調査今日のリサーチ

20、30代の6割以上は購買過程の体験にも価値を感じ、こだわりのある商品では、約7割が商品・サービス作りへの関与に価値を感じていることが分かりました。

[ITmedia マーケティング]

 消費者の購買行動が「モノ消費」から「コト消費」へ変化しているといわれます。NTTデータ経営研究所は「買い物における『こだわり』に関する意識調査」を実施。20〜70代の一般消費者がこだわりのある/ない商品・サービスにいて取る特有の行動や、消費者が購買時に重視する価値観を明らかにしました。

 こだわりがある商品における、商品・サービス作り(設計、製造など)への関与意向について質問したところ、約7割の人が商品・サービス作りへの関与に「価値を感じる」と回答しました(「大いに価値を感じる」と「まあ価値を感じる」の合計)。

商品・サービス作りへの参画に価値を感じるか<N=695>(出典:NTTデータ経営研究所、以下同)

商品・サービスの購買にこだわりのある人の約9割に衝動買いの経験

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.