調査リポート
» 2022年03月16日 10時00分 公開

Twitterユーザーの6割以上がTwitter上の情報をきっかけに購買・来店を経験――アライドアーキテクツ調査今日のリサーチ

Twitter上の情報が購買に大きな影響を与えていることがあらためて明らかになりました。特に一般ユーザーの口コミが購買や来店の促進に影響を及ぼしています。

[ITmedia マーケティング]

 アライドアーキテクツは「生活者によるTwitter上でのクチコミ行動と、クチコミの影響度に関する調査」を実施。全国に住む16〜59歳のTwitterユーザー男女881人が回答しました。

 全体の65.5%のユーザーが、Twitter上の情報を参考に購買した経験があり、女性の方がやや購買経験率が高いことが分かりました。Twitterをきっかけとした来店の経験は全体の62.4%で、若い世代ほど来店経験率が高く、10〜20代では約7割に上っています。

Twitter上の情報をきっかけにした購買経験(左)とTwitter上の情報をきっかけにした来店経験(右)(出典:アライドアーキテクツ、以下同)

一般人こそが真の“インフルエンサー”

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.