調査リポート
» 2022年01月29日 11時00分 公開

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由今日のリサーチ

TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向きのイメージが強い「TikTok」ですが、1965〜1980年生まれの「X世代」にとっても、テレビのように楽しめるオフ時間の息抜きツールとなっているようです。

[ITmedia マーケティング]

 ByteDanceが運営するショートムービーアプリ「TikTok」は今、若年層だけでなく幅広い世代に支持を広げています。同社の広告事業を担うTikTok For Businessは全国15〜69歳の男女を対象にデジタルメディアの利用意識やTikTokの利用実態を調査。今回、その結果を世代別にまとめた「世代別ユーザー白書」をシリーズで展開しています。第1弾の「ミレニアル世代白書」に続く第2弾となる「X世代白書 〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」が公開されました。

 ここでいう「X世代」とは1965〜1980年生まれの「団塊ジュニア」とも呼ばれる人々。大学生の頃からPCやインターネットの環境が整い、30〜40代の頃にソーシャルメディアが普及したことから「デジタルイミグラント(移民)」とも呼ばれることもあるそうです。

 デジタルメディアへの意識については「デジタル世界の変化についていくのに苦労する」と回答した人が64.1%。一方で「SNSを利用して時代についていきたいと思う」と回答した人も39.6%を占めました。

デジタル世界の変化についていくのに苦労する(出典:TikTok For Business、以下同)

X世代のTikTokに対する意識調査

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.