調査リポート
» 2022年01月25日 13時00分 公開

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査今日のリサーチ

1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。

[ITmedia マーケティング]

デジタルネイティブの「今」(無料eBook)

LTV(顧客生涯価値)最大化を目指す企業にとって、文字通り長いライフタイムが見込まれる若年層との関係構築は重要課題。これまでの世代にない価値観を持ったデジタルネイティブを理解することは、ビジネスの持続的な成長に向けての第一歩となるものです。デジタルネイティブ世代で編成されたデジタルネイティブのための専門家集団による人気連載をまとめた無料eBookで(右の画像をクリックしてダウンロード)


 調査とマーケティング支援を手掛けるネオマーケティングは1996〜2015年生まれの「Z世代」をテーマにしたインターネットリサーチの結果を公表しました。

 今回の調査で、Z世代が「普段チェックする情報源」としてトップとなったのは「SNS(YouTubeなど動画共有サイト含む)」(79.8%)で、「テレビ番組/テレビCM」(65.0%)を上回りました。SNSは最もチェックしている情報源としても最多(55.8%)となり、こちらは「テレビ番組/テレビCM」(14.8%)と41ポイントの大差をつけています。

Z世代の情報源(出典:ネオマーケティング、以下同)

Z世代は何のためにSNSを使うのか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.