特集
» 2021年11月30日 11時00分 公開

アドビが考えるこれからのB2Bデジタルマーケティングとは?エバンジェリストに聞く

日本国内で新たにリリースした「Adobe Real-Time CDP B2B Edition」やアトリビューション分析ツール「Bizible」の特徴とこれからのB2Bデジタルマーケティングについて、アドビの安西敬介氏に聞いた。

[野本纏花,ITmedia]
アドビの安西敬介氏

 アドビは2021年11月12日、新しいCDP(顧客データプラットフォーム)である「Adobe Real-Time CDP B2B Edition」の国内提供を開始した。既知および未知の顧客データを活用して、サードパーティーCookieに依存せずに、顧客プロファイルとジャーニー全体を1つのシステムでシームレスに管理できる「Adobe Real-Time CDP」をB2B向けにカスタマイズしたものである。

 これまで、CDPはどちらかというとB2C向けに発達してきたところがある。故に、B2B企業がCDPを活用しようと思うと、高度なカスタマイズが不可欠だった。Adobe Real-Time CDP B2B Editionでは標準の機能で個人と法人両方のプロファイルを結合し、B2B企業がB2C企業のようなマーケティング施策を容易に実現できるようにする。

 コロナ禍でB2B領域でもデジタル化は着実に進んでいる。Adobe Real-Time CDP B2B Editionを含むアドビ製品は、これからのB2Bマーケティングを実現するために、どのように役立つのか。「Adobe Experience Cloud」のプロダクトエバンジェリストである安西敬介氏に話を聞いた。

「非対面」の時代に必ず実現すべき4要素

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.