連載
» 2021年11月22日 08時00分 公開

「独身の日」 vs. 「ブラックフライデー」「サイバーマンデー」 米中の爆買い力に迫るほぼ週刊インフォグラフィックス

成長速度こそスローになったものの、過去最大記録を更新する中国のネットセール。日本はユニークなEC手法の拡大に期待。

[津乗学,スタティスタ・ジャパン]

 「Amazon Prime Day」や「ZOZO Week」など、日本でもオンラインのセールイベントがすっかり定着した感がありますが、“爆買い”の本家である中国では、世界最大のオンラインショッピングイベントが開催されたばかり。そう、11月1日は「独身の日(外部リンク/英語)」だったのです。独り身を連想させる1の数字が並ぶその開催日で分かるように、もともとはその立場でいることの喜びを祝う若者たちによって考案されたものでした。その後、国内消費の高まりとともに巨大なショッピングイベントへと発展し、今ではECの巨人アリババが大きな成功を収めています。

 世界最大のEC企業であるアリババは毎年「独身の日」における売上高の記録を更新し続けていますが、2021年は同社のECプラットフォーム全体で過去最大の売上高である845億ドルを記録しました(外部リンク/英語)。384億ドルから741億ドルへと驚異的な飛躍を見せた2019〜2020年と比較すると、その成長ペースは鈍化しているようにも見えます。ただ、2020年が合計11日間にわたってセールが開催されたのと比べ、2021年は合計4日間だったことを考慮すると、やはりその購買力は圧倒的といえます。

 今回は中国の独身の日における流通取引総額を、米国の感謝祭シーズンにおけるそれと比較してみましょう。直近5年での変化はどんなものでしょうか。

(出典:Statista)

米国が倹約的に見える中国パワー 爆買いの舞台はライブコマースへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.