調査リポート
» 2021年11月19日 08時00分 公開

「今後も名刺文化は継続する」と6割のビジネスパーソンが回答――Sansan調査今日のリサーチ

これからの時代、どんな名刺が有効なビジネスツールとなるのでしょうか。

[ITmedia マーケティング]

 Sansanは2021年9月3〜4日にかけて、全国の20〜60代のビジネスパーソン1050人を対象に「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を実施。このほど調査結果を発表しました。それによると、コロナ禍においてオンラインでの商談や会議が普及し、紙の名刺交換が減少する中にあっても、名刺がビジネスに必要だと感じている人が59.5%に達することが明らかになりました。

ビジネスに名刺は必要か(出典:Sansan、以下同)

今後は紙の名刺とオンライン名刺の「どちらも併用」が4割以上で最多に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.