ニュース
» 2021年10月20日 12時00分 公開

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始テレビCMやPR施策の効果を可視化

テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースとした「人流データ」の掛け合わせで販促効果分析を実施可能に。

[ITmedia マーケティング]

 クロスロケーションズは、自社開発の位置情報ビッグデータ活用基盤「Location AI Platform(LAP)」で解析した人流データと、エム・データが提供するテレビ番組やテレビ CM をテキスト化、データベース化した「TVメタデータ」を組み合わせた新たなデータサービスを発表した。

 新サービスはメーカーや流通・小売り企業などさまざまな企業が経営指標とするパブリシティーやテレビCMなどの販促効果を明らかにする。具体的には、テレビ番組やニュースで紹介されたことによる人流の変化や、店舗への来訪者数の増減を地域別などで検証できる「人流・テレビ放送相関データ」を提供する。分析に際して、テレビ放送とは関係のない一般の人流データを排除する新指標「密集度」を採用している点も特徴だ。

想定される用途

テレビ露出と人流の関係性イメージ図

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.