連載
» 2021年10月20日 08時00分 公開

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?【新連載】商品マスターに関わる課題と解決(1/2 ページ)

デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関するデータの取り扱い。「気合と根性」だけでは解決しないこの難題にどう向き合うか。エキスパートが解説する。

[池内優嗣,Lazuli]

 ITmedia マーケティング読者の皆さんは、仕事を進める中で、こんな風に思ったことはないでしょうか。

  • 分析用の商品マスター作って、特徴のフラグ立て続けるの、いつまで続くんだろう
  • EC用にタグと説明文を付けるのしんどい
  • 何でロングテール商品だと、商品のレコメンドに全然関係ない女性ファッション誌とか表示されちゃうんだろう
  • 競合他社の商品のデータベース化、誰かやってくれないかな
  • うちの会社、部署単位で商品情報を管理していて、商品毎のIDすら違う
  • システム連携ができない

 マーケティングといっても多くの業務があるので、感じたことのある課題は人によって違うでしょう。上記は、私たちが日々顧客と接する中で、実際に聞いたことのあるマーケターの声です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.