連載
» 2021年10月01日 08時00分 公開

「データ活用」から考えるDX推進とは?CMOのためのデジタルトレンド解説

何のためのデータ活用か。イメージをしっかり持った上で基盤を構築し、必要なデータを準備することが重要です。

[佐々木 誠,プリンシプル]

 筆者は、デジタルマーケティング業界で働き始めて20年経ちます。広告代理店という立場で、さまざまな業界の企業に対して、デジタルマーケティングの支援を行ってきました。2020年にプリンシプルへ入社し、4月からはDX部門の部門長として、製造業、小売業など幅広い企業のDX推進支援を行ってきました。

何のためのデータ活用か

 新聞や雑誌などのメディアで「DX」というキーワードを見ない日はないと思います。その中でも「データ活用」は特に注目されていると思います。これまで企業内に眠っていたデータ、社内部署に分散していたデータを集め、データ分析基盤を構築し、活用することで、競合との差別化を図りたいという企業が増えています。一方でデータ活用したいのだが、なかなかプロジェクトが進まない、うまくいかないというケースも見てきました。

 データ活用のステップとしては、図1のようにデータ収集、基盤構築、データ活用という3つのステップがありますが、うまくいかないケースとしては「データ活用」の具体的なイメージを持たないまま「データ収集」や「基盤構築」を始めてしまい、頓挫してしまうということが考えられます。

図1:データ活用のステップ

 では「データ活用」にはどういったパターンがあるのでしょうか。代表的なものを図2に挙げてみました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.