調査リポート
» 2021年08月13日 16時00分 公開

オリンピック期間中の東京の繁華街の人流は減少していた――クロスロケーションズ調べ今日のリサーチ

渋谷センター街でも新宿歌舞伎町でも。

[ITmedia マーケティング]

 クロスロケーションズは、自社開発する位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」の機能である「デイリー来訪速報」と「アワリー来訪速報」を使用して、東京2020オリンピック競技大会(2021年7月23日〜8月8日)が繁華街の人流にどのような影響を与えたか、調査報告を発表しました。

 オリンピック期間と前月同期間、直前同期間の時間別のそれぞれの平均の人流を比較したところ、渋谷センター街および新宿歌舞伎町で、人流が減少していたことが分かりました。

渋谷センター街の時間別の平均の人流を前月同期(赤い線)、オリンピック直前(紺色の線)、オリンピック期間中(水色の線)とで比較
新宿歌舞伎町の時間別の平均の人流を前月同期(赤い線)、オリンピック直前(紺色の線)、オリンピック期間中(水色の線)とで比較

 また、六本木交差点周辺も含めて6月25日から8月8日までの通し期間で見ると、オリンピック期間の7月22日〜8月8日の人流が一段階ほど減少の傾向にあったことが分かりました。

6月25日以降の東京の繁華街の日別の人流の推移(濃い色の線が移動平均)

2019年比では激減、2020年とほぼ同規模の人流

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.