調査リポート
» 2021年06月11日 08時00分 公開

「Amazon帝国」の歴代企業買収額ランキングほぼ週刊インフォグラフィックス

ついに映画製作の名門MGMを手中に。成長やまぬ帝国が次に狙うのは?

[津乗学,スタティスタ・ジャパン]

 オンライン動画配信市場の活況について、この連載ではYouTubeとNetflixを題材に取り上げたことがありますが、もう一つの有力なプレーヤーとしてAmazon.com(以下、Amazon)の名を忘れてはいけません。

 Amazonの有料会員プログラムである「Amazon Prime」(外部リンク/英語)に登録すると、無料配達に加えてコンテンツ豊富なストリーミングサービスが使い放題になるのは大きな魅力です。Amazon Primeの会員数は今や世界で2億人を超えています。

 そのAmazonがつい先日、Metro-Goldwyn-Mayer(MGM)を買収すると発表したのはご存じの通りです。MGMはかつて『トムとジェリー』『ロッキー』『007シリーズ』などを手掛け、映画の黄金時代を築くことに貢献した会社。近年でこそ業績に衰えが見えていた(外部リンク/英語)のは確かですが、一世紀近くの歴史を持つ映画製作会社がテック企業の雄であるAmazon傘下に入るインパクトは計り知れません。買収金額は84億5000万ドル。「Cash is king」もしくは「Cash flow is queen」などといわれますが、桁外れの大盤振る舞いは、今日のAmazonの力をまざまざと見せ付けた感があります。

 今週は、Amazonの歴代の買収額ランキングを取り上げてみます。

(出典:Statista)

B2CからB2Bまで Amazonの多彩な買収ポートフォリオ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.