調査リポート
» 2021年05月25日 14時00分 公開

コロナ後もオンラインイベントを希望する人が8割以上――ブイキューブ調査今日のリサーチ

コロナによって加速するイベントDX。運営者と参加者それぞれが今後に期待するものとは何でしょうか。

[ITmedia マーケティング]

 ブイキューブは、顧客向けセミナー、展示会、採用面接、社内研修、勉強会などビジネス系オンラインイベントの運営経験者と参加経験者各252人ずつ(計504人)を対象に「コロナで急拡大したビジネスイベントのオンライン化に関する実態調査」を実施しました。 最初にイベント運営者に対して、ビジネス系オンラインイベントの開催頻度がコロナ前後でどう変わったか聞きました。その結果「増えた」が46.4%、「どちらかといえば増えた」が30.2%で76.6%が増加傾向にあることが分かりました。同様に参加者に対して、ビジネス系オンラインイベントへの参加頻度の変化を聞くと、「増えた」が58.3%、「どちらかといえば増えた」が24.2%。合計82.5%が増加傾向となっています。

(出典:ブイキューブ、以下同)

 コロナ収束後もオンラインでビジネス系イベントを実施したいイベント運営者は84.6%。コロナ収束後もオンラインでビジネス系イベントに参加したい人は84.9%でした。

今後のオンラインイベントへ期待すること

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.