連載
» 2021年03月31日 08時00分 公開

広告のムダ打ちを生むCPA至上主義のわな勘違いだらけのEC参入【第3回】

ECに関する理想と現実のギャップを埋めるための本連載。最終回の今回はWeb広告領域についての「よくある勘違い」を取り上げる。

[松尾 亮,ネットイヤーグループ]

勘違い1. リスティング広告は安く、多くの顧客を獲得できる

自社の置かれた状況次第では獲得効率の悪い施策になることもあり得る。

 リスティング広告といえば、顕在層へのリーチができ、最もCPA(顧客獲得単価)が安く、かつコンバージョンもしやすい広告メニューの一つである。ただし、幾つかの条件下では事情が異なる。例えば、下記のようなケースだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.