調査リポート
» 2021年02月24日 19時00分 公開

「企業の成長のためにCFOはCDOの役割を担うべき」の真意とは?――Accenture調査今日のリサーチ

Accentureの最新調査によると、企業のデジタル戦略と実行においてCFO(最高財務責任者)が重要な役割を担うようになっています。

[ITmedia マーケティング]
アクセンチュアの山路篤氏

 CFO(最高財務責任者)は財務領域を統括するだけでなく企業全体のデジタル投資を指揮し、投資に対する成果と影響を管理する役割を担いつつある――。Accentureが実施した調査で、成長企業におけるCFOの存在理由とデータ活用組織の望ましい在り方が明らかになりました。日本法人であるアクセンチュアの山路篤氏(ビジネスコンサルティング本部Enterprise Valueマネジメントプラクティス日本統括マネジング・ディレクター)による解説を交えつつ、調査結果のハイライトを紹介します。

高成長企業が採用する「データ駆動型経営管理モデル」とは何か

 「CFO Now:圧倒的なスピード感でかつてない価値を目指す」と題した今回の調査レポートには、世界の経理・財務部門の上級役職者1300人以上を対象として2020年4月から6月にかけて調査した結果に加え、2020年2月から3月に実施した177人を対象とする小規模な調査の結果も反映されています。また、CFOを対象とする40件以上のインタビューによる定性調査を実施しています。

 今回のレポートが最初に示したのは、高成長企業(過去1年間に期待を超えた利益成長を遂げた企業)ほどテクノロジーを活用した取り組み状況が進んでいるという事実です。「従来の経理業務のうち、テクノロジー(RPA、AIなど)に既に置き換えられている業務の割合はどれくらいか」という質問に対し、グローバル平均が60%であるのに対し、高成長企業は65%でした。その他(高成長企業以外)は56%で、大きな差が開いていることが分かります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.