連載
» 2021年01月13日 09時00分 公開

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと中国マーケティングの「壁」を乗り越える【第2回】(1/2 ページ)

中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間での口コミとKOL・KOCによる口コミの2種類がある。

[番匠達也,Vstar Japan]

 中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間での口コミとKOL・KOCによる口コミの2種類がある。

WeChatで生まれる友人・知人間の口コミ

 友人・知人間の口コミは、WeChat上のクローズドなコミュニケ―ションの中で生まれる。WeChatの月間利用者数は12億人を超えており、中国国内にいる友人・知人同士だけではなく在外中国人が中国本土の友人・知人とコミュニケーションを取るためにWeChatを利用している。WeChatは主にグループチャットやモーメンツ(タイムライン)を活用している。このうち、日本企業がマーケティング活動を行う際に特に重要なのが後者だ。

 WeChatモーメンツは日別利用者数が7億5000万人を超える。当社アライドアーキテクツが在日中国人女性396人に対して調査を行ったところ、1日に10回以上モーメンツを閲覧している人が全体の約7割を超えていた。また、1週間に1回以上モーメンツに投稿する人は全体の約8割に上った。この結果から、モーメンツでは閲覧だけでなく投稿もアクティブに行われており、中国人が日常的に友人・知人間で情報をシェアしていることが分かる。

 友人・知人間のやりとりの中で自社の話題が出るという状況は、企業として理想である。しかし、何も語るべきことがないのに自然に企業の名前が出るようになることはほとんどないだろう。そうであれば、何かしらの取り組みを実施して少しずつでも話題を提供するというのが第一歩である。0から1、もしくは0から10の規模感で、まずは自社について語られる状態を作ることから始め、それがどんどんと広まって自然に話題になる頻度が高くなるよう、良い連鎖を生み出すべきである。

 当社は、具体的に以下のような取り組みを推奨している。

  • 企業公式WeChatアカウントを運営し、来店客や既存顧客との接点を作る
  • 定期的な発信により、最新情報やお得情報をユーザーに提供する
  • 商品体験/来店ユーザーに対してWeChat内での投稿を促進する
  • WeChatモーメンツ広告を実施することで、WeChat内での露出を高める
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.