調査リポート
» 2020年11月13日 20時00分 公開

今日のリサーチ:コネクテッドTV視聴や広告に対する消費者の態度変容傾向――Unruly Media調べ

68%の消費者はテレビからインターネット接続が可能な状態になっていることが分かりました。

[ITmedia マーケティング]

 ブランド向けの動画広告テクノロジーを提供するUnrulyは、コロナ状況下における日本のコネクテッドTVの視聴に関する消費者調査の結果を公開しました。

 コネクテッドTVとは「Amazon Fire TV Stick」やGoogle「Chromecast」などのメディアストリーミング端末、テレビに組み込まれたOS、Blu-ray再生機器、ゲーム機、セットトップボックスなどを介してインターネット接続が可能なテレビデバイスのこと。

 同調査によると、新型コロナウイルス感染症の流行後、63%の消費者がCATVや衛星放送などの有料チャンネルへの支出を減らそうと計画する一方で、インターネット経由でのテレビ視聴を増やした消費者は40%に達しています。

 主な調査結果は次の通りです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.