連載
» 2020年06月30日 08時00分 公開

中村研太のSEOウォッチ(2020年1〜6月):Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる? (1/2)

新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向においては、どのような変化があったでしょうか。

[中村研太,プリンシプル]

 Google Search Consoleの機能アップデートやMFI(モバイルファーストインデックス) 完全移行予告など通常のアップデートもありましたが、2020年上半期については社会の動きを反映して、Googleのアップデートについても新型コロナの影響を受けてのものが多く発生しています。主だった動きは以下の通りです

2020年上半期のSEOアップデートまとめ

  • 1月と5月にコアアルゴリズムアップデート
  • 新型コロナに関連したアップデートをアナウンス
  • イベントに関するリッチリザルトに対して新しい属性情報をサポート
  • 一次的にサイトを止める際の注意点についてGoogleからのアナウンス
  • MFI移行の予告
  • Google Dataset Searchの正式ローンチ

コアアルゴリズムアップデート

 2020年に入り1月と5月の2回、コアアルゴリズムのアップデートがありました。コアアルゴリズムのアップデートについては、Googleのブログでも概要が紹介されています(外部リンク

 5月のアップデートについては影響が大きく、Webサイトのトラフィックが大きく増加したり減少したりしたとの報告が各所から寄せられています。特にGoogleが「品質評価ガイドライン」で定義する「YMYL(Your Money or Your Life)」と呼ばれる、消費者の日常生活にとって重要度の高いキーワードにおいて、よりコンテンツの質を重視する方向へアルゴリズムが変更になった模様です。

 記事の品質はもちろんですが、筆者に関する情報やサイト自体のクオリティなど、広い意味で「質」が問われるようになってきています。利用者目線で、どのようなWebページが「信頼できる情報だ」と感じられるかに立ち返り、質を高めることがSEOにおいても求められるようになってきています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.