連載
» 2019年07月19日 18時00分 公開

チャレンジするマーケター:経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く (1/2)

B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。

[瀬川昌樹,ビッグビート]

この連載について

ロゴ

 ビッグビートの濱口 豊です。私は広告業界で30年、一貫してB2B企業(とりわけIT企業)のマーケティングを支援しています。外資系クライアントとのお付き合いの中、マーケティングの強力なパワーを間近で感じ、日本企業がこの機能をうまく使いこなせば日本の将来に大きなインパクトを与えることができるはずだと考えるようになりました。

 チャレンジするマーケターを応援し続けているビッグビートの根底にあるのは、「マーケティングが変われば経営が変わり、未来がよくなる」という思いです。

 この連載では、そんな「チャレンジするマーケター」たちのキャリアや考え方、生の姿を私とビッグビートのスタッフがご紹介し、マーケターの方々の悩みを解決するヒントや、楽しく仕事をするコツを感じて行動を変えるきっかけを見つけていただきます。


 今回は、空 代表取締役の松村大貴氏の元へ伺った。同社がホテル・旅館業界に向けて開発・提供しているWebサービス「MagicPrice」は、最適な宿泊価格を提案してレベニューマネジメントを効率化することで注目されている。MagicPriceはワシントンホテルプラザやニューオータニホテルズなども導入しており、現在急成長中だ。

 松村氏のビジョンは、クライアントやその先にいる消費者、働く従業員を含めて全員にハッピーが広がる 「Happy Growth Company」を作ることだ。プライシングがホテル・旅館業にどのような価値をもたらし消費者をどのような形でハッピーにするのか、プライシングサービスの価値と同氏の考えるカスタマーサクセスについて、ビッグビート アカウントディビジョン マーケティングセールスディレクターの瀬川昌樹が聞いた。

筆者と松村氏 空の松村大貴氏(右)と筆者(左)

5期目を迎えた空の「MagicPrice」とは

 2015年に創業した空はまだ5期目という若い会社ながら、注目のスタートアップ企業として数々のビジネスアワードを受賞している。同社の主要事業は、ホテル・旅館の最適な料金設定を支援し、レベニューマネジメントを効率化するWebサービス「MagicPrice」だ。

 松村氏は起業したばかりの1期目の頃、航空券の最適価格を自動計算するサービスを考えていた。しかし、そのアイデアを実現するために航空業界や旅行業界にヒアリングを重ねたところ、むしろホテル・旅館業にそうしたニーズが強いことが分かった。

 MagicPrice 「MagicPrice」

 「ご存じの通り、ホテル・旅館業は慢性的な人手不足が課題となっており、日々の業務や作業に追われて、収益最大化のための戦略立案に時間を取れません。一方で、収益を上げるためにコストを削減して顧客満足度低下を招いてしまうこともあります。顧客ニーズや市場環境を鑑み、その中で収益を最大化する最適価格を迅速に判断できれば、収益が増え、新たな投資やサービスと質の向上のための施策を打てるようになります」(松村氏)

 「MagicPrice」は、そんな最適な価格設定をAIで支援し、レベニューマネジメントを効率化するソリューションなのだ。

PriceTech(プライステック)の推進役へ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading