調査リポート
» 2019年06月05日 11時00分 公開

今日のリサーチ:AR/VRがビジネス分野でも利用拡大、それに伴う「新たなリスク」とは――アクセンチュア調査

AR/VRなど没入型ツールは経済や社会に大きなメリットをもたらす半面、従来は存在しなかったリスクをも生む可能性があるようです。

[ITmedia マーケティング]

 アクセンチュアはG20若手起業家連盟(G20 YEA)と共同で「新たなる現実への警鐘:没入型技術の責任ある未来の構築」と題した調査レポートを発表しています。

 同レポートではVRやAR、他にもさまざまな分野に広がる没入型ツールまでを含めた広義の拡張現実を「XR」と総称し、XRがゲームやエンターテインメント領域以外にも、新たな価値を生み出す技術であると述べています。没入型ツールは顧客体験を強化するだけでなく、従業員の生産性向上やトレーニング、メンタルヘルスの治療などにも用いられています。

 企業のXR関連支出は消費者支出を上回っており、IDCによれば、2023年には企業支出は消費者支出の3倍に相当する1210億米ドルに達する見込みです。また、アクセンチュアの分析では、2014年から2016年までの間にARやVRに関連する特許出願数は5倍近い6000件以上に増加しており、この間の関連スタートアップ企業の資金調達額は237%に増えています。

XRには大きなメリットが期待できる半面、従来にないリスクも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading