調査リポート
» 2019年06月04日 08時00分 公開

今日のリサーチ:店舗集客型デジタル広告の成長が加速――サイバーエージェント調査

オンラインとオフラインの生活導線を一体で捉えた施策が求められています。

[ITmedia マーケティング]

 サイバーエージェントはデジタルインファクトと共同で「店舗集客型デジタル広告(O2O広告)」の市場動向調査を実施、2018年の市場規模および2024年までの年間の市場規模予測を発表しました。

 店舗集客型デジタル広告とは、店舗を持つ企業や店舗を販売チャネルとする企業が、自社商品・サービスの販売促進のために店舗への集客目的で出稿するインターネット広告(オンライン不動産情報サイトやオンライン旅行予約サイトでの来店予約を促進する広告商品を除く)のこと。同調査は2018年7月に発表した前回の「国内O2O広告市場規模調査」(関連記事:関連記事)から名称を変更しています。

 調査の結果、2019年の店舗集客型デジタル広告市場は前年比約2倍(197%)となる405億円に達することが分かりました。

2024年には市場規模2586億円に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading