ニュース
» 2019年04月26日 19時00分 公開

ラストワンマイルの販促で売り上げ向上と省人化を実現:サイバーエージェント子会社、イオン九州と棚前デジタルサイネージの「広告視聴率」計測実験

商品棚前の消費者の「広告視聴率」と「視聴時間」を計測。サイネージ販促による来店客当たりの購買単価の変化と、売り上げ向上に効果的な販促動画広告のクリエイティブのパターンを検証する。

[ITmedia マーケティング]

 サイバーエージェント連結子会社のCyberBullは、イオン九州が運営する福岡県内の2店舗において、AIカメラ付き次世代型IoTサイネージを活用した実証実験を開始した。各店舗の売り場2カ所にそれぞれ2〜3台のサイネージ端末を設置し、対象商品(アサヒ飲料の「ウィルキンソン」とI-neのヘアケア商品「BOTANIST」)の動画広告を配信。搭載されたAIカメラの画像認識技術によって、商品棚前に訪れた来店客の年齢と性別を推測した上で「広告視聴人数」「広告視聴率」「広告視聴時間」のデータを取得する。これらのデータと対象商品についてのPOSデータを組み合わせることで、来店客当たりの購買単価の変化と、売り上げ向上に効果的な販促動画広告のクリエイティブのパターン検証を行う。

インストア動画でもデータドリブンなクリエイティブ効果検証を

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading