調査リポート
» 2019年04月18日 07時00分 公開

今日のリサーチ:LinkedInのデータに見る「日本人が入社したい会社」ナンバーワンは?

6億1000万人が利用するビジネス特化型SNSの「LinkedIn」を活用して実際に転職した人やLinkedInを通じて求人活動をしている企業の情報から、「今、入りたい会社」が見えてきました。

[ITmedia マーケティング]

 ビジネスSNS「LinkedIn」を運営するLinkedInは、世界11カ国(米国、英国、インド、フランス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、ブラジル、中国、メキシコ、日本)において、LinkedInを活用して実際に転職した人や求人をしている企業の情報を基に、ユーザーが入社したい企業について調査しました。この調査の結果をまとめた「TOP COMPANIES」ランキングは、米国では2015年に開始しており、今回は初めて日本市場でも上位25社を発表しています。

 ランキングの対象となる企業は、LinkedIn上で企業ページを日本で開設している中の、500人以上の従業員を抱える企業です。LinkedInの日本在住のメンバーは約220万人です(2019年1月)。

 対象企業の情報(2019年2月時点)は同社の採用ツール「LinkedIn Talent Insights」で取得。ネットワーク上でのユーザー行動に基づくデータを、「求人への関心度」「企業への興味」「社員に対する注目度」「社員の定着率」などに着目して分析しました。

AmazonやGoogle、SalesforceなどIT系が人気、国内ではあの会社が

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading