調査リポート
» 2019年01月15日 16時00分 公開

今日のリサーチ:「LGBT」という言葉の浸透率は7割弱――電通ダイバーシティ・ラボ調査

電通のダイバーシティ&インクルージョン領域に対応する専門組織による調査です。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

LGBT | 調査 | 電通 | ダイバーシティー


 電通ダイバーシティ・ラボ(DDL)は、2018年10月に全国20〜59歳の個人6万人を対象に、LGBTを含む性的少数者に関する広範な調査を行いました。その結果、LGBT層に該当する人は8.9%、「LGBT」という言葉の浸透率は68.5%となりました。

LGBTの過半指数が職場の同僚へのカミングアウトに抵抗感

 DDLは電通のダイバーシティ&インクルージョン領域に対応する専門組織。本調査では、セクシュアリティーを「身体の性」と「心の性」(性自認)、「好きになる相手の性」(性的指向)の3つの組み合せで分類し、独自の「セクシュアリティーマップ」に基づき、ストレート(異性愛者であり、生まれたときに割り当てられた性と性自認が一致する人)と答えた人(下図の2と10)以外をLGBT層と定義しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading