連載
» 2010年09月29日 18時00分 公開

第4回 OLGでROIを向上――「予算を使い切ったのに効果がでない」不安を解消するオンラインリードジェネレーション実践講座(2/2 ページ)

[アイティメディア キャンペーンマネジメント部,ITmedia]
前のページへ 1|2       

OLGをワンストップで実施する

 オンラインリードジェネレーションは、さまざまなWebマーケティングやネット広告を組み合わせる必要があるため、リスティング広告ほど手軽ではありません。さらにフォーム部分を含めたランディングページ内の行動を分析するトラッキングツールが必要になるほか、Webページやフォームの改修といったオペレーションを細かく行う必要があり、自社ですべてを行うのは現実的ではないでしょう。そのため、オンラインリードジェネレーションをサービスとして提供する外部企業に依頼するのが一般的です。

 オンラインリードジェネレーションサービスを提供する業者はいくつかあり、料金設定もさまざま。オンラインリードジェネレーションを実施するための予算は、ランディングページをどこまで作り込むのか、独自ドメインのサイトにするのか、メディアサイト内の広告記事として公開するのか、新規見込み客を獲得する期間の長さなど、多種多様なパターンが考えられます。

 料金体系も、発生した見込み客の人数だけ課金される完全成果報酬制のプランもあれば、成果とは別にランディングページの制作費や、運営保守費といった定額料金が必要なプランもあります。獲得したい見込み客の属性条件を細かくすればその分費用は高くなりますが、その分、質の高い情報が得られるため、売上や収益のアップへとつながるでしょう。

 リスティング広告などに数十万円程度のコストをかけたが、あまり効果的に見込み客を獲得できなかったというのであれば、オンラインリードジェネレーションへの切り替えを検討してみてはいかがでしょう。投資した金額に見合った成果を得られる可能性が大きくなります。

 アイティメディア株式会社では「フレッシュリード」というオンラインリードジェネレーションサービスを提供しています。なぜオンラインリードジェネレーションは良質の見込み客が獲得できるのか、具体例を挙げながら、以下の4つの構成要素について沿って説明しましょう。

オンラインリードジェネレーションの4つの要素
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.