ニュース
» 2018年12月19日 12時00分 公開

30項目のキーワードを抽出:ガートナー ジャパン、「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表

ガートナー ジャパンは「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

Gartner | CRM | 顧客満足


 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2018年12月18日、「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表した。

 ガートナーではCRMを「顧客セグメントを中心に顧客満足度が向上する行動を推進し、顧客中心型のプロセスを実装することで形成される収益性、売り上げ、顧客満足度を最適化する成果をもたらすビジネス戦略」と定義している。ハイプ・サイクルでは、日本企業がビジネスの差別化につながる顧客中心的なカスタマーエクスペリエンス(CX)を提供する上で特に重要と考えられる30項目のキーワード(テクノロジー、サービス、方法論、プラクティス、コンセプトなど)を取り上げている。

ハイプ・サイクルとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading