ニュース
» 2018年11月28日 23時00分 公開

「True効果」に基づくミドルファネル施策:電通デジタル、広告効果の高いターゲットを発掘する「True Target Discovery」を提供開始

電通デジタルは、デジタル広告の配信結果を基に広告効果の高いターゲットを発掘する「True Target Discovery」を提供開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

広告 | 電通 | 広告効果 | コンバージョン


 電通デジタルは、デジタル広告の配信結果を基に広告効果の高いターゲットを発掘する「True Target Discovery」の提供を開始した。これは、電通デジタルが開発した「True Lift Model」(関連記事)の考え方を、潜在顧客の発掘に応用したサービスだ。

 True Lift Modelは、デジタル広告における広告効果をより正確に評価する新指標で、広告接触ユーザーの全CVR(コンバージョン値)の中から、広告接触がなくても自然とコンバージョンに至ったであろうユーザーのCVRを適切に差し引き、これを「True効果」として検出・評価するもの。

 今回開発したTrue Target Discoveryでは、電通グループ独自のPeople Driven DMPを活用して広告配信結果とWebサイト来訪者を分析。実際に広告を見て来訪したユーザー群と広告を見なくても来訪したであろうユーザー群を統計的に切り分け、広告を見ることなく自然と自社サイトに来訪したであろうユーザー群を適切に差し引いた上で、Webサイト来訪率や申込率などをユーザーの行動転換率として算出する。

 また、People Driven DMPの持つ属性データに後からひも付けすることが可能なため、配信時には利用していないターゲティング属性も含めて、後付けで各属性の広告効果を可視化し、広告接触により態度変容しやすいターゲットを発掘する。

 従来もミドルファネル(興味関心層)を発掘する分析手法は存在したが、広告に接触しなくても自然に来訪しやすい属性を切り分けることなく評価していたことから、例えば自動車メーカーでは自動車が好きなユーザーの親和性が高いというような、Webサイト特性による来訪者の偏りに強く影響された結果が多くあった。さらに、こうしたユーザーは広告接触がなくても来訪する可能性が高く、広告配信のターゲットとして適切かという課題があった。

 True Target Discoveryでは、想定外のターゲット像の発見や、広告に親和性の高いユーザーに絞った広告配信が可能になる。これにより、ミドルファネルにおいてより本質的なインサイトに基づいたコミュニケーション設計を実現する。

「True Target Discovery」による分析の特徴(イメージ図)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading