調査リポート
» 2018年09月06日 09時00分 公開

今日のリサーチ:LINEとゲーム以外に使われているアプリとは?――三菱東京UFJ&コンサルティングなど調査

三菱東京UFJ&コンサルティングは、スマートフォンの利用実態を実際の操作データを基に分析しその結果を発表しました。

[ITmedia マーケティング]

 三菱東京UFJ&コンサルティングとフラー、立教大学社会学部メディア社会学科・木村忠正研究室の3者が中心となり立ち上げたスマートフォン実利用データ分析研究会では、被験者の協力姿勢や記憶に依存しないスマートフォンの実利用データ(モバイルライフログ)を用い、起動ログを1秒単位という細かい粒度で分析することでインターネットの利用実態や生活行動、ライフスタイル、嗜好性などを把握・可視化する研究をしています。今回、この研究に基づくユーザー像の実態把握調査の結果を発表しました。

 これによると、主要なアプリの利用状況において、性別年代を問わずに利用率が高かったのは「LINE」と「ゲーム」カテゴリーに属するアプリでした。それらに次いで使われるアプリは年代によって異なり、また、LINEやゲーム類以外のアプリの利用は年代が上がるほど低調となることが分かりました。

時間帯別の利用では年代差よりも性差による違いが大きい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading