連載
» 2018年02月27日 08時00分 公開

【連載】使えるダイナミック広告 第4回:Google ショッピング広告で成功するための3つのポイント (1/2)

Google ショッピング広告の効果を高めるには、広告キャンペーンのチューニングだけでなくデータフィードのチューニングが不可欠。そのポイントを紹介します。

[澤井和弘,フィードフォース]

 Google ショッピング広告とは、Google検索結果ページにユーザーが検索したキーワードにマッチする商品を商品画像と商品名などのテキストと一緒に表示する広告メニューです。日本では2010年にスタートし、特にEC事業者には欠かせない広告施策の1つになっています。今回は、このGoogle ショッピング広告で成果を上げるためのヒントを紹介します。

Google ショッピング広告の特徴

 Google ショッピング広告は、Google検索結果にテキストだけではなく画像と一緒に商品単位で広告が表示されるのが大きな特徴です。画像があるため、テキスト表示のみのリスティング広告と比較して、ユーザーの目に止まりやすいといえます。当社フィードフォースの広告運用実績でも、リスティング広告と比較してクリック率が2倍高い事例も出ています。リスティング広告においてはビックワードやミドルワードを狙い、よりニーズが明確になるテールワードについてはGoogle ショッピング広告で狙うというように使い分けるといいでしょう。

 なお、ダイナミック広告というとリターゲティング広告のイメージが強いようですが、Google ショッピング広告は検索クエリに対して広告が表示されるため、新規ユーザーへのリーチがしやすいのも特徴の1つです。

Googleショッピング広告 Google ショッピング広告の表示イメージ《クリックで拡大》
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading