ニュース
» 2017年08月04日 07時30分 公開

国内大手航空会社との差は顕著:国内線LCCのWebサイト、ユーザビリティ1位は「バニラ・エア」

トライベック・ストラテジーは、国内線を運航する格安航空会社(LCC)4社の公式Webサイトを対象に実施したユーザビリティ評価の結果を発表した。

[ITmedia マーケティング]

 トライベック・ストラテジーは2017年8月3日、「Webユーザビリティランキング<国内線LCC編 2017>」の結果を発表した。国内線を運航する格安航空会社(LCC)4社の公式Webサイトを対象にユーザビリティを評価したもので、「ジェットスター・ジャパン(以下、ジェットスター)」「Peach Aviation(以下、Peach)」「バニラ・エア」「春秋航空日本(以下、春秋航空)」の4社を対象に実施した。ユーザビリティ1位はバニラ・エアだった。

 調査は、同社の子会社トライベック・ブランド戦略研究所が提供するWebサイトのユーザビリティ調査サービス「ユーザビリティ診断プログラム」を活用し、2017年6月下旬から7月中旬にかけて実施された。具体的には、「アクセス性」「サイト全体の明快性」「ナビゲーションの使いやすさ」「コンテンツの適切性」「ヘルプ・安全性」の5評価軸、全98項目を調査項目とし、結果を基にユーザビリティを評価した。

ユーザビリティ1位は「バニラ・エア」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading