連載
» 2016年08月19日 07時00分 UPDATE

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第5回:無料のマーケティングオートメーション「Mautic」を使ってみた結果 (1/2)

無料のマーケティングオートメーションは実際にビジネスに使えるのでしょうか。今回は高機能なオープンソースツール「Mautic」を軸に、その活用法を紹介します。

[永井俊輔,グリードナーチャリング]

 マーケティングオートメーション(MA)に求められる機能については第2回「無料ツールでも譲れない、マーケティングオートメーションに必要な6つの機能」と第3回「アナログなマーケティングをグレードアップ、無料でどこまでできるか」で述べました。念のためにおさらいをしておくと、マーケティングオートメーション(MA)に必要な機能は、下記の6つです。

  1. リード(顧客)情報の管理
  2. フォームとランディングページの作成
  3. Webアクセストラッキング
  4. メール配信と開封確認
  5. リードのスコアリング
  6. キャンペーン(マーケティングシナリオ)作成

 Mauticは無料のツールではありますが、もちろんこの6つの機能を全て備えています。また、数あるオープンソースMAの中でもひときわ高機能で、しかもユーザーインタフェースが日本人の感性に合っています。

 私は日本中の企業にMAの利点を知ってもらい、ビジネスに必須のツールとして使いこなしてもらうために、まずはこのMauticを積極的に活用し、MA導入前後に存在する大きな壁を取り払うことを勧めています。

Mauticで何ができる? どこまでできる?

 では、実際にMauticを使ってどういった課題が解決できるのか。以下で具体的な導入効果を見ていきましょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading