ニュース
» 2015年06月09日 12時00分 UPDATE

保有データの名寄せや競合排除、属性情報の付与など:MA活用の大前提となる「使えるデータ」生成をサポート――シンフォニーマーケティング

シンフォニーマーケティングは2015年6月8日、マーケティングオートメーションを有効活用するためのデータマネジメントサービスの提供を開始した。

[ITmedia マーケティング]

 マーケティングオートメーション(以下、MA)を活用するためには、まず前提として、社内でバラバラに保有しているデータを統合管理し、競合や営業対象外の除外などを行う必要がある。また、より確度の高いデマンドジェネレーション(案件創出)のためにはスコアリングの精度を高めることが求められている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧