ニュース
» 2014年10月16日 16時00分 UPDATE

複数業務データを一元化:日本オラクル、三井住友銀行の顧客管理システムに「Oracle Exadata」など3製品を導入

日本オラクルは10月15日、三井住友銀行の新顧客管理システム構築に向けて、高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine(以下、Oracle Exadata)」などエンジニアド・システム3製品を導入したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 エンジニアド・システムは、ソフト/ハードを統合したオラクル検証済みの製品群のこと。三井住友銀行の新顧客システムに導入されるのは、前出のOracle Exadataのほか、高速分析専用インメモリマシン「Oracle Exalytics In-Memory Machine(以下、Oracle Exalytics)」、アプリケーションの集約/高速実行プラットフォームの「Oracle Exalogic Elastic Cloud(以下、Oracle Exalogic)」の3製品となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by