ニュース
» 2014年02月26日 08時30分 UPDATE

東南アジアネット広告市場の概況と最新トレンド:「情報が国境を簡単に超える」域内のポテンシャルとは

急速な経済成長を遂げる東南アジアでは、モバイルの普及によりネット利用者が急増している。域内のネット利用の状況、ネット広告市場の概況とトレンド、そしてプランニングの際に留意すべきポイントについて、電通デジタル・ホールディングス・シンガポール支社の神内一郎氏に話を聞いた。

[岡徳之,Noriyuki Oka Tokyo]
cci01_01.jpg 電通デジタル・ホールディングス・シンガポール支社の神内一郎氏

ネット利用率は25%、高いFacebook、YouTube人気

 まずは、We Are Socialとコムスコアの調査結果を元に東南アジアのインターネット市場全体の概況について解説してもらった。

 東南アジア全体の人口は約6億3000万人。そのうち、インターネットユーザーは約1億5500万人。ネットを利用している人の割合は世界平均が35%に対して、同地域は25%である。

 ネットの普及率は国ごとに異なる。インドネシアが15%、タイが26%に比して、シンガポールは73%。圧倒的に都市化が進んでいるのがうかがえる。一方でその伸び率にも注目したい。今最も伸びているのはベトナムで16%、インドネシアが14%、マレーシアが12%、タイが10%、フィリピンが8%、シンガポールが4%。ベトナムでは2012年3月からの一年間で200万人のネットユーザーが生まれた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by