ニュース
» 2013年12月10日 08時15分 UPDATE

【連載】モバイル化/マルチデバイス化時代のEC事業:第5回 「レスポンシブECサイト」がECサイト事業の売り上げ拡大に貢献する理由

最終回では、レスポンシブWebデザインで構成したECサイト(レスポンシブECサイト)が今後のECサイト事業の売り上げ拡大の大きなカギを握る理由を整理したいと思います。

[岩波裕之,ロックウェーブ]

レスポンシブECサイトの登場背景

 ネット利用者のモバイル化/マルチデバイス化が加速しています。2015年頃にはモバイル端末のネット接続がPCを上回り、モバイル中心のECサイト利用市場になると予測できます。つまり、これまで通用してきた「PC向けECサイト中心」の考え方から「モバイル・マルチデバイス中心」の考え方へとパラダイムシフトしなければいけないということです(第1回 レスポンシブECサイトの時代へ

 当然ECサイトの構造自体も、PC中心からモバイル・マルチデバイス中心へと移る必要がありますが、PC中心のECサイトの派生型として進化してきたこれまでのスマホ対応方法(例えば、PCサイト/スマホサイトとデバイス別にページ分離構成で構築する方法や自動変換など:第2回 ECサイトのマルチデバイス対応問題――「ページ分離構成」か「一元ページ構成」か)には運用の限界が生じています。スマホ対応のみならず、タブレットやこの先登場するネット閲覧端末(ネットTVなど)へのマルチデバイス対応を前提としたECサイト運用方法へ構造改革が必要とされているのです。

 そのような中で登場したのが、1つのWebサイトであらゆるデバイスに対応させようとするレスポンシブWebデザインであり、それらをECサイトへ導入したものがレスポンシブECサイトです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧