アクセンチュアとアドビ、「Adobe Firefly」を活用した業界特化型の生成AIソリューションを共同開発コンテンツ作成プロセスを合理化

アクセンチュアとアドビは、20年以上にわたる協業体制を戦略的に強化して「Adobe Firefly」を活用した業界特化型のソリューションを共同開発し、コンテンツサプライチェーンのさらなる変革を支援すると発表した。

» 2024年04月05日 12時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 アクセンチュアとアドビは、画像生成AIの「Adobe Firefly」を活用した業界特化型のソリューションを共同開発すると発表した。アクセンチュアのテクノロジーや業界に関する知見とアドビのクリエイティビティーを組み合わせ、パーソナライズされたコンテンツを大規模に展開させ、企業から新たな価値を引き出すことを目指す。

まずは小売り・消費財、自動車、金融サービス、ヘルスケア業界向けに

 企業がAdobe Fireflyのモデルをトレーニングし、自社にフィットした形にカスタマイズすることができる「Custom Models」を、アクセンチュアのデジタル部門であるアクセンチュア ソングが提供するマーケティングサービスに統合する。これによって、企業が保有するデータやクリエイティブアセット、ブランドガイドラインに基づいて独自に開発されたAIモデルの学習に必要な知見を提供する。Custom Modelsは、ワークフローを自動化する生成AIとクリエイティブAPIの包括的なセットである「Adobe Firefly Services」およびアドビの主要アプリケーションである「Adobe Creative Cloud」「Adobe Experience Cloud」からAPIを介してアクセスできる。

 Fireflyはブランドスタイルやデザイン言語に沿ったコンテンツを生成するため、マーケターは運用データや効果に基づいてテンプレート化されたキャンペーンを構築し、継続的な改良を加えていくことが可能になる。このアプローチによってコンテンツ作成プロセスを合理化させ、人手を要する作業の軽減が実現する。

 両社で開発するソリューションは、まず小売り・消費財、自動車、金融サービス、ヘルスケア業界を対象にする。このソリューションにはアクセンチュアが持つ広範なデータ、AIエンジニアリングに関するスキルや責任あるAIの実現に向け体系化されたアプローチ、首尾一貫したブランド体験の構築支援など、さまざまなサービスが組み合わされる。さらに、アドビの生成AIを活用する広範なソリューションや顧客企業のシステムとも連携させることで、グローバル全体で一貫性がありつつも各地域で共感性が高く、かつ業界に特化したコンテンツを迅速に作成できるようになる。

業界に特化したクリエイティブを生成(画像提供:アクセンチュア)

 なお、取り組みの一環として、アクセンチュアは自社のマーケティング組織においても、創造力を高めてクリエイティブなコンテンツをより迅速に制作できるようAdobe Fireflyを活用。独自のブランドスタイルとデザイン言語を用いたFirefly Custom Modelを使用して、サービスを提供する19の業界ごとにコンテンツをカスタマイズする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.