調査リポート
» 2024年01月05日 07時00分 公開

2024年、世界の広告費は4.6%増 成長をけん引する本当の要因は?――電通グループ予測今日のリサーチ

電通グループは、世界58市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2023〜2026)」を発表しました。

[ITmedia マーケティング]

 電通グループ(dentsu)が世界58市場から収集したデータを基に分析した「世界の広告費成長率予測(2023〜2026)」によると、2023年の広告費成長率は、不透明な経済状況による消費活動の減少などにより、6月時点予測(3.3%)から0.6ポイント下方修正された2.7%となる見込みです。媒体別ではデジタル広告が引き続き成長しており、世界の総広告費に占める割合は過去最高の57.7%に達します。

世界の総広告費の推移(出典:電通グループ、以下同)

世界の広告費を押し上げるのは「オリンピック」「米大統領選挙」だけではない

 2024年には世界の広告支出は4.6%増加して、市場規模は7528億ドルに達するとみられています。2024年の成長予測が高い背景には、6月開催予定のUEFA欧州選手権(EURO2024)や7月にフランス・パリで開幕する夏季オリンピック・パラリンピックといった大型スポーツイベントや米国大統領選挙をはじめ多くの国で実施される国政選挙などによる広告機会創出への期待があります。

 加えて、媒体価格の高騰が続くことが想定され、それが支出増に反映されているという側面もあるようです。価格を固定して見た2024年の広告費成長率はわずか2.5%にとどまり、2023年を下回ってしまいます。

 媒体別では、2024年においてもデジタル広告費が6.5%の高成長を維持し、世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は58.8%に達する見込みです。その成長をけん引するのは、リテールメディア、ソーシャルメディアおよびデジタルを含むディスプレイ広告、探索連動型広告です。

 テレビ広告は2023年にマイナス4.0%の成長となりますが、2024年以降は再びプラス成長に戻る見通しです。2024年の成長率は2.9%の予測で、特にコネクテッドTV(CTV)は30.8%増と大きく成長しそうです。

 2025年、2026年にかけても世界の広告市場は堅調に成長し、それぞれプラス4.2%の7846億ドル、プラス4.3%の8184億米ドルと予測されました。総広告費に占めるデジタル広告の割合は2025年に59.9%、2026年には61.1%と、初めて60%台に達する見通しです。

媒体別成長率予測

 世界第3位の広告市場である日本においては、2024年の成長率が前回2023年5月発表の予測(3.2%)から0.7ポイント下方修正となる2.5%成長となりそうです。日本の広告市場は今後も成長が継続し、2025年は3.6%成長となる見込みです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション