連載
» 2023年12月29日 07時00分 公開

「TikTok」 vs 「リール」 ブランド投稿の視聴数を比較してみた結果Social Media Today

Metaのアプリ全体で幅広いリーチを獲得している「リール」。ブランドコンテンツの見られ方で比較すると、そのポテンシャルは相当高いものになっているようだ。

[Andrew HutchinsonSocial Media Today]
Social Media Today

 2024年に向けてコンテンツのアプローチを見直したいなら、Metaの短尺動画サービス「リール」の投稿を増やすことを検討すべきだろう――。

 それが、顧客エンゲージメントプラットフォームを提供するEmplifiが最新の分析で伝えるメッセージだ。

短尺動画より長めのクリップの方がウケているという意外な事実

 Emplifi(外部リンク/英語)は、Facebook、Instagram、TikTokにおける何千件もの投稿を検証し、何が機能しているのか、何が視聴者の共感を呼んでいるのか、そしてブランドが現在どのような投稿をしているのかについて、より深い洞察を得るために調査を実施した。

 総合評価でトップに立ったのが、リールだ。

 Emplifiはまず1300以上のブランドが持つInstagramとTikTokのプロフィールをそれぞれ分析した結果に基づき、リールの方がはるかに多くの多くの再生回数をもたらすことを発見した。また、長めのクリップの方がパフォーマンスが優れていることも指摘している。

TikTokとInstagramリールの視聴数比較(出典:Emplifiのプレスリリース、以下同)

 このグラフから分かるように、長いリールの視聴数は8372で、短いリール(30秒未満)および中程度の長さのリール(30〜90秒)を実際に上回っている。短いリールは中央値で6145ビュー、中程度のリールは中央値で7830ビューを獲得している。

 そしていずれの尺においてもInstagramリールの再生回数は明らかにTikTokを上回っている。TikTokが短尺動画プラットフォームとして最近ずっと注目され続けてきたことを考えると、これは興味深いことだ。

 これはブランドコンテンツに特化した比較ならではの結果である可能性がある。また、これらは一般的な数字であり、特定の対象読者層には異なる影響があるかもしれない。いずれにしてもリール、それも長めのコンテンツのパフォーマンスがよいのは興味深い点ことだ。

 Emplifiのデータは、Facebook上でもリールが通常のビデオアップロードを大幅に上回っていることを示している。

Facebookにおいてもリールは他の動画コンテンツより再生回数が多い

 Emplifiは「Facebookリールの再生回数の中央値は、同プラットフォームの他の動画コンテンツの3倍以上であった」と述べている。

 この結果は、Metaがアプリ全体の主要なエンゲージメントドライバーであるリールに重点を置いているという事実を反映している。

 リールはコンテンツプランニングにおいて、Metaのアプリ全体でより多くのリーチとエンゲージメントを生み出す役割を果たす可能性がある。繰り返しになるが、個々の結果は視聴者によって異なる。だが、リールがユーザーに好まれていること、あるいは各アプリのアルゴリズムによってかもしれないが、相対的に人気があることには注目する価値がある。

 Emplifiは最後に、ブランドがリールの人気にもかかわらず依然としてInstagramストーリーズばかりにコンテンツを投稿していることを指摘している。

ストーリーズとリールの投稿数比較

 これもプランニングの際の考慮事項だ。一時期、ストーリーズはInstagramにとって重要視されたフォーマットであり、エンゲージメントの重要な原動力となっていた。今はリールがその王座を奪っているのだが、多くのブランド戦略はまだ追いついていないようだ。

 ここで紹介した調査結果があなたの会社のプランニングに反映されるかもしれないし、反映されないかもしれない。また、一般的な洞察よりも実際のオーディエンスに合わせるべきだ。しかし、ここでのデータは、コンテンツのアプローチを見直し、他の新たなフォーマットを検討するための注意喚起となるだろう。しかし、ここでのデータは、コンテンツアプローチを見直し、他の新しいフォーマットを検討する際の手がかりとして役立つかもしれない。

© Industry Dive. All rights reserved.

インフォメーション