求人CMの放送回数、2022年度は過去最多に――CM総合研究所調査今日のリサーチ

コロナ禍で半減した求人CMですが、2022年度に放送回数が過去最高を記録したことが分かりました。

» 2023年10月28日 08時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 CM総合研究所は、求人情報サービスのCMについて2023年上半期(4〜9月度)のCM好感度ランキングを発表しました。まず直近15年の求人情報サービスのCMオンエア状況を見ると、2022年度の同ジャンルの放送回数が過去最高に達したことが明らかになりました。

求人CMの好感度ナンバーワンは?

 求人情報サービスのCMはリーマンショック直後の2009年度を底に以降は増加傾向となり、有効求人倍率がバブル期を上回った2018年度には、26社41商品・サービスのCMが計3万97回放送されました。コロナ禍の影響を受けた2020年度の放送回数は前年度から半減したものの、2021年度には一転して大きく増加。2022年度には46社66商品・サービスから189作品がオンエアされ、放送回数は過去最多となる5万7961回に達しました。

 注目はエージェントやスカウト型の転職サービス。2021年度から急増し、2022年度は求人CM全体の4割に達しました。かつて求人CMといえばアルバイト関連が大きなウエートを占めていましたが、人材の流動化を背景に転職に主役が移りました。中でも「ハイクラス」「ハイキャリア」「スカウト」のいずれかの言葉を用いたCMは、2022年度に9ブランドで計1万4531回と前年度の約2倍の放送回数を記録しました。

直近15年・求人情報サービスCM放送回数(出典:CM総合研究所、以下同)

 2023年上半期の求人CMの好感度ランキングで最も支持を得たのは、女優の吉谷彩子さんの「ビズリーチ!」のフレーズと「ハイクラス転職No.1」のコピーでCMを展開したビズリーチでした。ビズリーチのCMのうち最も支持を得たのは「キャリアの健康診断」をキーワードにしたものでした。転職を考えていなくても求人サービスを利用するのが当たり前という認識が広まるきっかけにもなったようです。

2023年上半期(4-9月度)求人情報サービス銘柄別CM好感度トップ10

 ブランドによって多少の差はあるものの男女とも幅広い世代がこれらのCMを支持しており、モニターの中にはCMが「自らの市場価値について関心を抱くきっかけとなった」「仕事や生き方について考えた」とコメントする人もいました。CM総合研究所は「各社が有名タレントの起用でメジャー感を演出し、同時に実績をアピールすることでサービスへの信頼が醸成され、社会全体の転職への意識変化にもつながっている」とまとめています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション