ドミノ・ピザが “たまたまピザを売っているEコマース企業”になった理由 ChatGPTの考察は「AI」にマーケティングについて聞いてみた

マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「ドミノ・ピザのIT戦略が成功した理由」です。

» 2023年08月12日 08時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 2023年7月10日に掲載した「Marketing Dive」の翻訳記事「自称『たまたまピザを売っているEコマース企業』 ドミノ・ピザが実現した究極の配達サービスとは」を読んで、この“たまたまピザを売っているEコマース企業”というスローガンのセンスのよさに感心した人もいるのではないでしょうか(筆者がそうです)。

 米国で1960年に創業したピザチェーンのDomino's Pizza(以下、ドミノ・ピザ)は、「30分でピザを配達できなければ割引」という、当時において斬新なマーケティング施策で支持を集めました。当たり前ですが、創業当初から“Eコマース企業”を名乗っていたわけではありません。なぜ、いつごろから、そのように自称する理由になったのか。OpenAIが提供するAIチャットbot「ChatGPT」に聞いてみます。

ドミノ・ピザはなぜDXの取り組みを成功させられたのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.