Z世代の特徴「バイヤー型消費」とは?――博報堂調査今日のリサーチ

「バイヤー型消費」の4つの特徴を抑えたうえでマーケティング戦略を立てることが、令和の消費行動をリードするZ世代に効果的にアプローチできる近道と言えそうです。

» 2023年06月01日 20時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 博報堂のシンクタンクである博報堂買物研究所は、EC領域に特化した組織横断型プロジェクト「HAKUHODO EC+」と共同で、「Z世代×ニューコマース調査」を実施しました。同調査は博報堂DYグループ「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」の取り組みの一つで、次世代の買い物の主役となるZ世代の買い物行動や次世代コマース(ライブコマース、クイックコマースなど)の利用動向の把握を目的に行われたものです。調査対象は日本全国の15〜59歳の男女かつ直近一年以内EC利用者で、有効回答数は3843です。

 今回の調査ではZ世代(15〜25歳)特有のコマース行動を把握するため、主にY(ミレニアル)世代(26〜41歳)とX世代(42〜59歳)と比較しています。その結果、自らの足で積極的に情報を獲得し、情報の真偽を見極めながら商品を買う「バイヤー型消費」をするZ世代の姿が浮き彫りになりました。

Z世代の「バイヤー型消費」の4つの特徴とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション