アドビのジェネレーティブAIは顧客体験の未来とマーケターの仕事をどう変えるのか「Adobe Summit 2023」レポート

アドビが満を持してジェネレーティブAIの領域での製品開発を本格化させる。これにより、クリエイティブの専門スキルのないマーケターでも、企業のスタイルやデザインを反映したコンテンツを迅速にかつ大量に作成できるようにする。

» 2023年04月06日 19時00分 公開
[冨永裕子ITmedia]

 アドビ(Adobe)は米国時間2023年3月21日から23日までの3日間、年次イベント「Adobe Summit」を4年ぶりに米ラスベガスで現地開催した。2日目の基調講演では、話題のジェネレーティブAIをより掘り下げた議論が行われた。詳細をレポートする。

「Adobe Sensei GenAI Services」がマーケターの副操縦士に

 「Adobe Summit 2023」でアドビが新たに発表したのが、ジェネレーティブ(生成)AIのテクノロジーを採用した「Adobe Sensei GenAI Services」である。今後の数四半期で多くのサービス群をリリースすることになる。

 その第1弾としてデモンストレーションが公開されたのが、画像生成に特化した「Adobe Firefly」のβ版である。Fireflyのトレーニングではストック画像サービスの「Adobe Stock」の他、オープンライセンスのコンテンツ、著作権の失効したパブリックドメインのコンテンツを教師データとして使い、企業が著作権侵害のリスクなく安心して商業利用のできるコンテンツを生成するよう設計されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.