パナソニック コネクトがデザイン部門とマーケティング部門を統合デザインとマーケティングが経営を支える体制を構築

パナソニック コネクトは、デザイン部門とマーケティング部門を統合すると発表した。新体制でデザインとマーケティング機能を企業経営に最大限生かしていくことを目指す。

» 2023年03月30日 15時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 パナソニックグループのB2Bソリューションの中核を担う事業会社であるパナソニック コネクトは、2023年4月1日付でデザインデザイン部門とマーケティング部門を1つに統合し、「デザイン&マーケティング本部」を発足すると発表した。これにより、企業活動のあらゆる顧客接点にデザイン&マーケティングが参加する体制を推進する、

「顧客起点」のビジネス戦略を全社に

パナソニック コネクト デザイン&マーケティング本部 体制図(出典:パナソニック コネクト、以下同)

 パナソニック コネクトは「顧客起点」でのデザインに力を入れており、デザイン部門はモバイルPC「レッツノート」や顔認証ゲート、プロジェクターなどさまざまな製品デザインに企画段階から携わり、複数の受賞歴がある。近年は製品デザインだけでなく、サービスデザイン、ビジネスデザイン、コミュニケーションデザインなど、役割も拡張している。

 一方のマーケティング部門は、市場ニーズを把握した上で一貫したメッセージによって社会や顧客とコミュニケーションを取って企業ブランドの向上を図るとともに、イベントやデジタルキャンペーンなどを通じて顧客開拓に貢献している。また、昨今の社会意識の高まりを受けて企業の在り方やスタンスに注目が集まる中、より生活者や消費者が主役となる「顧客起点」のマーケティングを重視している。

 これまでのデザイン部門は、職能により担当領域を分けて業務を実施する組織だったために部分最適になりがちで、総合的な提案になりづらいという課題があった。また、マーケティング部門はデザイン部門が他部門であるために、デザイン機能が必要な際にスムーズに連携しにくいことが課題となっていた。新体制により、「顧客起点」のビジネス戦略、製品・サービス開発、コミュニケーションの実践を全社で推進する。

新体制で実現すること

 パナソニック コネクトは、2017年より3階層の企業改革(風土改革、ビジネス改革、立地改革)を進めてきた。今回の部門統合も企業改革の実践に資するもので、市場のニーズを的確に捉えた顧客体験を生み出す力を強化するとしている。

 パナソニック コネクト デザイン&マーケティング本部担当役員でCMO(Chief Marketing Officer)、DEI(Diversity,Equity,and Inclusion)担当役員も務める山口有希子氏は、「近年、各プロジェクトでデザイナーとマーケターが密接に協力しあうケースが増えてきました。これは、“顧客起点で考え、より良くする”という共通DNAがあるからです。デザイナーとマーケターが一つの組織になり、会社のさまざまな部門ともつながる(Connect)ことで、私たちが社員や会社や社会ためにできることがたくさんあると確信しています。コネクトのPURPOSE 『現場から 社会を動かし 未来へつなぐ』を実践するために、デザイン&マーケティングも変革を続けます」とコメントしている。

 また、パナソニック コネクト代表取締役 執行役員 社長・CEOの樋口泰行氏は、「デザインやマーケティングは、B2B業界にとっても大変重要な機能であり、その担うべき役割はより大きくなっていると感じています。今回の組織統合により、パナソニック コネクトが実践している企業改革に貢献することを大いに期待しています」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.