ニュース
» 2023年01月23日 18時00分 公開

電通グループ、エンタメコンテンツ領域におけるNFTの実証実験「絵師コレクション」を開始Web3時代に向けて

NFTを活用した新たなファンづくりとロイヤルティーの形成へ、ハンディデジタルなど5社と協業。

[ITmedia マーケティング]

 電通グループの社内R&D組織である電通イノベーションイニシアティブ(以下、DII)は、Web3時代に向けたエンタメコンテンツ領域における新しいファンエコノミーを模索する取り組みの一環として、ハンディデジタル、Soudan NFT、灯白社、オシロ、シビラの5社と共同で、NFTを活用した実証実験「絵師コレクション」を開始した。

テーマを基に完全新作イラストを描きおろす共創コミュニティー

 今回の絵師コレクションでは、タツノコプロの創立60周年を記念し、NFTを活用したWeb3ロイヤルティープログラムをタツノコプロが誇る人気キャラクター「ドロンジョ」を用いて、新たなファンづくりとおロイヤルティー形成を目指す。

 具体的には、絵師コレクションに参加する人気イラストレーター(絵師)とファンおよびファン同士の価値共創を通じて、ファン活動におけるロイヤルティープログラムの一環として、その価値共創の中での応援・貢献に応じて活動実績を表彰する実績証明NFT(ロイヤルメンバーシップNFT)が配布される。また、この実績証明NFTを軸に、クローズドチャンネルへの参加やコミュニティーで制作して出品したイラストのオークション報酬の使用方法への投票など、多様なユーティリティーが還元される予定だ。

NFTを活用したロイヤルティー形成のイメージ(出典:電通イノベーションイニシアティブ、以下同)

 実証実験の環境設計としては、NFTを取得する上でのウォレットや暗号資産の事前準備など、ユーザーの参加障壁になりがちな難解なUXを極力排除するため、シビラのNFT用コントラクトウォレット「unWallet」とオシロのコミュニティー専用オウンドプラットフォーム「OSIRO」を活用。絵師コレクション独自の世界観を構築しつつ、NFTに不慣れな利用者にも使いやすいUXでファン体験を提供する。

「絵師コレクション」の環境設計イメージ
「絵師コレクション」のコミュニティー画面イメージ

 絵師コレクションの開催期間は2023年1月23日18時から3月31日までを予定。参加には、SoudanNFT公式Twitterアカウントより配布される「メンバーシップNFT」の入手が必要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション